舞浜の空は青かった

正確には、新浦安の空は青かった、なのかもしれませんが(笑)。
一駅隣というだけなので、舞浜も空は青かったでしょう。

と、いうことで、本日は2006年にテレビ東京で放映されたアニメ「ゼーガペイン」のオフ会に行って参りました。
この作品を覚えている人はどれくらいいるのだろう?
個人的には、良く出来た作品だと思っています。
SFに抵抗がなければ、ぜひ見て欲しい。
私は、高校生の群像劇として、捉えています。
主人公も、脇役も、等身大なんですよ。
変な流行りに流されず、視聴者に媚びることもせず(浴衣とメイド服があったので、多少はあったか)、
「これを見せたい」というものを、独りよがりにならずに示してくれた。
放映当時は夢中になって、見ていました。
といっても、ムック本を一冊買ったきりで、あとは記憶を頼りに「好きだったなあ」と懐かしがる程度のファンでした(苦笑)。

が、今回のオフ会の主宰の方が、熱心な方で、
私ごときの浅いファンにも「舞浜ツアー」に行かないか、と声を掛けてくれたのですね。
主宰の方とはもともと面識がありましたし、
折角だから「モデルになったと思われる地」に行ってみようと思って、誘いに乗りました。
女性3名、男性2名、総勢5名のツアー。
参加された男性の方は「ツアー参加者は全員男性になると思っていた」と漏らしていまして、
女性の方が多かったことに驚いたようでした。
……、そうか。ゼーガは女性がファンになると思われないアニメなんだ。
私には、そっちの方がびっくりでした。やっぱり、美少年が多く出てくるわけではないSFは、敷居が高いのかなあ。

よく考えてみると、私、トルーパーではろくにいわゆる聖地巡礼をしていません。
秋芳洞は行きましたが(友人とのグループ旅行。まあ、皆様トルーパーをご存じの面子でしたが)、
鳴門の渦潮も、大雪山も、富士山も、ありません。
辛うじて仙台(これも、旅行の一環で行っただけ)と、中華街(これは単純に食べに行ったという……)と、
大阪(これは、自分設定のために、うろうろしました。ええ)。
あ、新宿(しかも東口)だけは何度も行っています。
(MyCityが無くなったのは、寂しさの余り、方々に言って回った覚えが……)

やっぱり熱心なファンに誘われて、エスカフローネの鎌倉ツアーには行ったくせに……。
チュチュに至っては、場所が遠すぎて(何しろドイツですから)仕事を買えない限り無理でしょうし。そもそもお金がなあ(涙)。
うーん、こう考えてみると、同人誌を出すくらいファンの作品の筈なのに、愛がないのか? 

まあ、話を戻しましょう。
主宰の方は、過去に何度か巡っているそうで、とっても綿密なツアー計画を立ててくれました。
なので、私たちは、ガイドさんの指示に従って動くだけです。おかげで、とっても楽でした。
スタートは、舞浜駅のベンチ。登場人物の中のキーキャラクターが、秘密を明かす、象徴的な場面に使われた場所です。
もう、ここだけでどきどきです。
ネズミーランドやネズミーシーに向かう人たちで賑やかなホーム上で、我々だけが違う空気を醸し出していました(苦笑)。
でも、許して欲しい。だって、アニメにはネズミ関係は全く出てこなかったですから、そっちには興味は湧かないのだ。
隣の新浦安駅に移動して、街へ。
きっとロケハンをしたに違いない、と思われる公園、海岸、マンション(主役居住)。
同じ様なアングルを見つけては、写真を撮りまくる我々。
事前にDVDをお借りして、最後の怒濤の8話くらいを見ていたおかげで、いろいろと思い出せていましたから、
現地を見て心がときめくときめく。
登場人物の彼らの姿が、町中のそこここに見られるような。距離が近くなりました。
夕暮れの街を後にして、京葉線に乗って夜の闇に落ちていく川を越え、東京へ。
そして、ツアーは終了。
その後、しっかり飲みつつ、話をしてきました。
というより、聞いてきました。何しろ皆様の方がずっとずっと知識も愛も深かったので。
そうか!と思うことばかりでした。
こんな私を受け入れて、相手をしてくださった、皆様、ありがとうございました。

ああ、楽しかった。
私が、ゼーガの本を出すことは無いと思いますが、
ゼーガが好きだった気持ちを思いだしてしまい、「DVDを買おうか」と心が動いています。
うーん、うーん、へそくりを使うか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ゆなみ
2009年09月28日 00:11
どうもお疲れ様でした。
私も本作ってるのに、今更ですが、このツアーでいろいろ思い出したりしました。笑
主宰のSさんには大感謝ですねえ。
>視聴者に媚びることもせず
↑ですねえ。ストイックです。
あれじゃ媚びてるとかアザトイっても、カワイイもんです。
個人的には「女子キャラ作画に異常に力の入った大サービス水着話/合宿」とか1話くらいあっても良かったんですけど。
などなど。また今後ともよろしゅうに。
史子
2009年09月29日 00:15
こちらこそ、ご一緒できて、楽しかったです。
私の浅い記憶で結構な量を思い出せたので、他の方々はさぞかし!と思います。
主宰のSさんのツアコンのおかげで、ロス無くうろうろさせてもらいましたから、本当に感謝感謝のツアーでした。
水着/合宿の話>
おお! 夏ですからね。あってくれたら、それはまた楽しかったでしょうねえ。それはぜひ、誰かさんが補完をしてくれれば良いと思います。
イラスト一枚でも、ぜひ!(と、焚きつけてみる(笑))
某サイト管理人(体重が多いほう)
2009年10月05日 02:05
こんばんは。バナー貼っていただいて恐縮です!(梨本風)
史子さん、お酒飲んでる席で時々目がうつろになってた
気がして帰りの道中大丈夫なのか少しだけ心配でしたw
それではまた~!
史子
2009年10月07日 12:24
コメント返し遅れました。すみません!!
バナー貼りのお礼言われちゃいましたが、この程度しかできなくてこちらこそ恐縮です!
あの席で目がうつろだたのは、情報量が多すぎて、処理に時間がかかっていたからです。私の額にセレブアイコンが光るのはいつの日か(とほほ)。ご心配おかけしました。
今後ともよろしくお願いします。